首尾一貫した手仕事

【USED】ヨーガンレール
チェック柄絹100%草木染スカーフ (JURGEN LEHL)

天然素材の持ち味を活かした服つくり。常に真摯な眼差しで自然と向き合い、そこから得たインスピレーションをモチーフにするという。機械での布作りは1枚1枚に違いが無く退屈であると言い、それを回避する一番の方法として「首尾一貫した手仕事」を挙げ実行しています。
ヨーガンレールの家具などはひとつひとつ職人の手作りで、無垢材を使用し、天然ワックスで仕上げています。もちろんデザインセンスもヨーガンレールならではです。
さらにヨーガンレールのお茶などはすべて無農薬有機栽培で、ハーブティーはヨーガンレールの農園で作られています。

ヨーガンレール丸の内店

着心地の良い天然素材と、独特な美しいカラーバリエーションなどオリジナリティで定評があるヨーガンレールの都内最大規模の直営ショップ。店内は5色のカラーで5つのエリアに区分され、レディス、メンズ、シューズ、バッグ、ジュエリーなどの多彩なアイテムがゆったりとディスプレイされている。ブランドのオリジナルデザインの家具や生活雑貨など、ヨーガンレールが出会った作家たちの展覧会をシーズンごとに展開。

ヨーガンレール ババグーリ展

インドで生産された綿を素材としたヨーガンレールの手ぬぐいは、ざっくりとした雰囲気とナチュラルな風合いが気持ちよく、手を拭くだけではなくマフラーとしても使える優れもの。今回は、そんな手ぬぐいを中心としたヨーガンレールの[Babaghuri/ババグーリ]展が開催されます。
[Babaghuri]は、水牛の角を削ったスプーンや陶器の器、木製家具などのさまざまな生活道具を提案するブランドです。もちろん洋服も。デザイナー、ヨーガン・レールのデザインは、そのモノを生み出すだけが目的ではなく、その先にある暮らしの世界を見据えた上で展開されています。同じように、使い心地のよいただ一枚の手拭いを手に取り、繰り返し使っていく中で、そこから広がる世界を多くの方に感じて頂きたいですね。

スポンサードリンク

ヨーガン・レール

1944年ポーランド生まれ、1971年から日本在住のファッション・デザイナー。
直営店は、南青山フロム・ファースト、渋谷パルコ PART1などにあります。お店のディスプレイ用のテーブルなど、家具類もヨーガンレールの製品ですので、要チェック。